背景色を変更 通常
文字サイズを変更
  • 日本語
  • 英語語
  • 中国語(繁体)
  • 中国語(簡体)
  • 韓国語

葛飾区
葛飾みんなの協働サイト~葛飾区公式協働ホームページ~

葛飾区で行われるイベント、活動等が検索出来ます。 検索条件を指定して「検索」ボタンを押して検索してください。

「子どもを犯罪から守るまちづくり講座」取り組み団体報告会 開催報告

活動分野

子どもまちづくり

地域

亀有・青戸地域南綾瀬・お花茶屋・堀切地域立石・四つ木地域奥戸・新小岩地域柴又・高砂地域金町・新宿地域

去る12月15日(土)14:00-16:00 ウィメンズパル 多目的ホールにて「子どもを犯罪から守るまちづくり講座」取組団体報告会が開催されました。
以下に開催報告をさせていただきます。

参加人数:60名
飯塚小学校6名+校長先生 奥戸小学校2名 上千葉小学校1名 こすげ小学校2名 清和小学校6名 堀切小学校1名 本田小学校3名 松上小学校2名 宝町小学校1名 小松中学校1名 双葉中学校3名 堀切中学校1名 新小岩地区1名 堀切地区1名 お花茶屋地区3名 個人9名 西亀小学校わくチャレ2名 推進会9名 行政5名

【主催者挨拶】

●子どもを犯罪から守るまちづくり推進会 白石会長 

こんにちは。
本日は1年間取り組んで参りました学校の発表となります。この活動をしている方、してないもこう言う活動をしている一年をこの場で感じていただけたらと思います。色々な発表の仕方があますけど、各学校の特色が出てとれも楽しいものとなっていると思いますので、ぜひ参考にして頂けたらと思います。もしよろしかったらほかの方にも「この様な活動があるよ」と薦めてみてください。では本日はよろしくお願い致します。

 

 

 

●葛飾区教育委員会事務局生涯学習課  課長 加納 清幸 様 

平成14年からスタートし今年で17年目の活動です。沢山の団体の方に取り組んで頂いています。今日は今年5団体の活動報告となり、皆さんのこれからの活動の参考にして頂ければとおもいます。飯塚公園が出来て、私の子どもたちが小さい時に遊びに行かせていた頃は暗い公園のイメージがありましたが皆さんの活動の改善で地域の子どもたちも安心して遊べる様になりよかったなあと思っていいます。こういった活動があることでこどもたちが安全に遊べるという事が大事かなと思っています。安全に遊んでその子どもたちがもっと安全に遊べる葛飾になればよいと思っています。皆さんの活動に感謝しております。

各学校からのご報告】

●飯塚小学校

今年度「子どもを守る町づくり委員会」を立ち上げて2年目、何をしたらよいかわからないスタートでした。アンケートの年では無いので、何をしようかみんなで意見出し合い学校と地域の協力のもと10月13日(土)
葛飾教育の日の3~4時間目に4年生の児童対象に授業の中で「こどもひまわり110番町探検」をやることにきまりました。学校を中心に回る様に10か所に絞りました。当日は教室にて委員により「こどもひまわり110番」の説明をして5分間隔でクラス単位でまち探検にいきました。二軒の地域の方々がこどもたちにお話しをしてくださいました。教室に戻ったら「こどもひまわり110番マップ」の作成をしました。「理想の公園について」グループ討議しアイデアをだしました。いろいろな意見が出て楽しかったです。この活動を通して子どもひとりひとりが地域の安全について学びを深める事ができました。
 改善案で出した「街灯のカバーが黒く焦げている」→交換してもらうようにほぼ対応していただけましたが時期は未定です。10月中旬に「飯塚公園の遊具が壊れていたため、修繕してもらいました。

●奥戸小学校

6月11日アンケート配布。201部配布。159部回収。79.1%改修率。
アンケート集計をもとに9月8日(土)15:00~よりワークショップ実施。参加人数46名4班に分かれてまわりました。小学校前の横断歩道のない道で2017年12月に児童が交通事故にあったので、今回のコースにいれて皆さんで検証をしました。信号機の設置の要望も出しましたが設置に当たっての規制が沢山あり、設置は難しい事になりました。その後学校、地域で検討をして看板の設置をしていく様な対応をしていくことになりました。
また、横断する際は信号機のあるところで横断する様に周知をする事も大切な事です。

 

●お花茶屋地区

10月20日(土)9:00~ワークショップ実施。52名の参加。3コースに分かれてまわりました。その後地区委員会のメンバーだけで、お花茶屋公園のトイレの検証をしました。
中道公園では、夜園灯がついていないので暗くて危ないとの意見がでました。夜検証しに行ったところ真っ暗の中中学生が話しをしていました。とても怖かったです。早速地域の方と相談しながら公園課に園灯の点灯を要望したところ園灯の2か所を12月10日より20時まで点けていただく事になりました。
お花茶屋公園のトイレは平成20年に新しくなりました。その後10年もたつと壁が汚れていたり、チャイルドシートが焦げていたり、プランターが無操作に置いたてあったりしていました。検証後、地域や子どもたちでできる事を考えて、「きれいな公園にしよう」のイメージで上千葉小学校5年生児童に冬休みの宿題としてポスター作成をお願いしました。トイレは通常の清掃のほかに地域で清掃し双葉中学校の生徒さんにはベンチペイントのお願いを検討中です。

●松上小学校

平成20年よりこの活動はり組んでいます。平成25年よりアンケート集計、ワークショップ、ひまわり110番プレート設置個所の確認の3つの項目を1年ごとに一つずつ取り組んでいます。今年度は29年度取り組んだアンケートをもとに6月15日(金)16:30~参加人数は38名・7班で7つのコースでワークショップを実施しました。アンケートでは粗暴犯8件風俗犯12件・窃盗犯3件・合計23件の被害がありました。平成20年度からのアンケート集計の犯罪件数の推移をみると被害は減少していたのですが、平成26年度アンケート集計結果では増加していました。この4年で児童数が増加しているのでそのことが原因の一つだと思います。
被害のあった時間帯はまだ明るい時間でした。人通りの多い少ないに関わらず、暗くもなく、死角でもないところで普段よく通る道でどこでも犯罪はおこるという意識の意見がありました。前回平成27年ワークショップの意見では見られない事でしたので、ここ最近の犯罪傾向や参加した方の意識の高まりだと思います。またごみが多いという意見が今回はなく、まちの美化の意識があるのだとおもいます。行政でやって頂く事、家庭、地域で出来る事を合わせてよい町を作っていき、継続して活動していくことで皆さんの意識が高まっていくと思います。

・新小岩地区

 

平成16年よりこの活動をして今年度15年目になります。7団体での活動です。新しい方の参加が増えましたので原点に戻り今年はワークショップではなく中村攻先生の講演会をして頂きました。初めての方でもわかりやすいように講演をお願いいたしました。11月17日(土)13時より56名の参加でした。
講演内容は
・都市づくりをする上で「犯罪と子ども」を考えにいれなければならない
・なぜ犯罪に巻き込まれるのか、原因を突き止める
・共働きの増加、父母の意識の変化、生活スタイルの変化
・まちの中に大人の姿がない
・大人は地域にもっと目を向け、子どもの声を聞いてほしい
・町会、PTAの繋がりは絶対必要
・老人の参加が必要
当日はアンケート集計をとりました。56名参加 回収44名 回収率79%
◎この取組をご存じでしたか?
 知っていた…29名 知らなかった…15名
◎この取組に参加したことがありましたか?
 初めて参加した…22名 以前にも参加した事がある…22名
◎今日の講演はいかがでしたか?講演の感想、この取組へのご意見等をお聞かせ下さい
 ・子どもが楽しめる場である公園でさえ犯罪が起きる事にショックをうけた
 ・中村先生の研究に基づいた話は、大変興味深く、子どもの安全について考えさせられた
 ・共働き、核家族化が進む中、地域ぐるみの子育てが必要だと思った
 ・普段PTA以外はほとんど地域との関わりが少なかったが、考えさせられる内容だった
 ・大人の目、地域の目が子どもたちを守れる事を改めて知らされた
 ・自分たちの思いと先生の話しの内容がいくつも合致し、うなづけた

15年続けてきましたが中村先生の講演をお聞きすることで、この活動の必要性・意義が初めて参加された方にも伝わった事がアンケートでも感じられました。また、長年取り組んできた人たちは改めて意を強くしたこととおもわれます。15年前とは住環境も生活スタイルも変化し、新たな課題も生まれてきています。この講演がコミュニティのあり方などを考えるきっかけになるのではないかと思いました。

【中村先生の講評】

 

飯塚小学校
 新しい活動の学校です。PTA組織の中にこの活動の専門部が出来た学校なのでぜひ皆さんも参考にしてくだ
さい。今回こどもたちとひまわり110番をまわった中で2件のお店の方と話しをしたとありましたが、もう一歩踏み込んで、ひまわり110番を設置している方にもこの活動を知って頂いて活動に参加して頂いていく方向に向けていくとこの活動の輪が広がります。子どもの理想の公園づくりの話し合いは大変興味ありました。
色々な要求が出てきていると思いますので、自分の要求、相手の要求を出し合ってお互いの意見を一つの案にまとめていくプロセスが大切です。そのためには具体的は場所で色々な意見を出し合って考えてみことも大切です。例えば私の経験でも、緑地の沢山ある公園が良いと思って作ったが、犯罪が起こりやすいのでそのままの案では反対した住民がいました。公園を作る 際は子どもの安全も考えながら作っていかないといけないわけです。
 
奥戸小学校
 ここでは交通事故の問題がお父さんお母さんたちの関心強い。だれでもが被害者にもなりでも加害者にもなるのが交通事故です。犯罪とは違います。以前に子どもの交通事故の調査をしたことがあります。子どもの交通事故の被害の7割は幹線道路で起こっているのではなく、生活道路で起こっていたます。自分の家から200メートル程の所で起こっています。家から出てすぐの交差点、生活道路と生活道路の交わったところでは子どもは止まらない事が多い。常に車が通っていれば注意するがたまに通る車には注意深くないので車に当たってしまう。当時そのことがわかった。子どもと車の共存はなかなか難しいので、朝の登校時間、午後の下校時間から夕暮れまで生活道路の車を侵入禁止にする“安全街区”の訴えを提案したことも事がありました。その当時道路で遊ぶ子どもたちも多く一定の時間だけ車の侵入をしないで子どもたちを自由に遊ばせる運動が全国的に広がりました。地域社会で子どもが少なくなっていくと車を止めるための準備をする人手が足りなくなって、下火になっていきましたがこの活動に交通事故の事も取り入れながら活動するとなると、交通事故についてもっと研究していかなければならないとおもいます。行政に相談しても信号間には300メートル程度の間隔が必要等の、規制がある為信号の設置は難しい。こうした交差点には交通指導員の配置を登校、下校時にして、子どもの安全につなげる等の対策を提案していく必要がある。

お花茶屋地区
公園の街灯問題については節電の意味もありますが、最近ではまちの街灯は明るい状態が多いので節電節電という意識ではない様に思います。公園課の方も言っておられましたが、要望があれば点灯しますが、公園などは隣接している地域の住民から明るくしたことで眠れなくなってしまったなどの苦情が出てきます。住民同士の対立が生じてきます。この様は事柄を住民同士でどうしていくか?が問われてきます。この活動をしているといろいろな観点からトラブル回避が出来る様になります。皆さんの報告でも荒川区の公園では中側にライトがつき、外側はカバーなどがしてあり電燈の光が住宅側にもれない様な街灯があることを探してきましたね。この活動をしているとこの様な情報もキャッチしてきます。常にアンテナを張っているためでしょう。
お花茶屋公園トイレ修繕はこの活動の代表的な改善箇所です。地域町会の方とPTA双方で改善してきたトイレです。町会が行政から相談してきた時にPTAの要望を取り入れてくれました。出入口が2か所あるようにし、不審者が追いかけてきても逃げられるようにしました。
落書きについては残念ですが不思議と子どもたちがペイント等をすると落書きがなくなる傾向があります。
役所任せにしないで、子どもたちも参加して自分たちで出来る事をしていくことが公園をきれいにしていけることになるでしょう。

松上小学校
 明るい時間帯でも危険だよ!という事はすごい気づきですね。新潟では下校時に、松戸では登校時に犯罪にあっています。明るい時でもあぶない。大人たちの意識では暗いところで犯罪にあっていると思いがちですが、子どもちに実際に聞くと明るい時間に被害にあっていることがわかります。被害にあう場所にも特徴があります。目立たないところ、幹線道路のような車に通りが多いところでは被害にあわない。一本入った人通りの少ない道、車の少ない道。家はありますが、目立たない生活道路で被害はあっています。生活道路で犯罪をし、逃げやすい幹線道路に直ぐにまぎれ込める場所で犯罪はおこりやすくなります。従って幹線道路の交差点での見守り活動が広がっていますが、交通事故対策としては有効でしょうが防犯対策としては大きい欠点があります。住宅地帯での生活道路を安全にしていくには地域全体を安全にしていくこの活動を広げていくことです。
また町をきれいにしていく事は大事。統計的にもきれいな町では犯罪が少ないとされています。

新小岩地区
この活動の伝統のある地域です。長く続いている地域です。この地域は地区委員会が中心となって活動しています。PTAと地区委員会の協働で長く続けていけています。しかし反面でPTAの活動が弱くなってしまいがちなので、子どもを育てているPTAのお父さんお母さんが中心になっていかないと地域は動いていきません。そこに高齢者の方を巻き込んで長くつつけていくのがよいでしょう。
この地域では住民に何が出来るかを考えていて、ただ街灯をつける行政への要望だけではなく、各家庭の街灯をつけて町を明るくしようという運動へと発展しています。17年間の取組の成果を一度見てください。

【出席者からの感想の抜粋】
・今後の活動にとても参考になりました
どこも、話で聞くより実際に行って子どもたちの話もきき、取組んでいきたいです
・これまでの実践の積み重ねから基本的な取り組みの流れがしっかりとしている点と、各団
体によって各地域の実態に合わせた取り組みがされているところが良いと思います。
・地域で子どもを守ること…自分にできることは何かなと考えることができましたが、実行
するには小さいことをやって始めてみることだと思います。ポスターなど参考に、自分の
できそうなことをもっと考えたいと思います。地域に参加したいと思います。
・同じ葛飾区内の小学校でも、それぞれ特色のある取組みを行っていることが分かりました。
・各地区の特徴があり、とても参考になりました。
・各小学校や地域の取り組みが分かりとても有意義でした。
・「子どもたちを守る」という明確な目的にむかっての実感が様々な工夫とともにうかがえました。
・公園、緑地が少ない、本当にそう思います。あっても子どもの声がうるさいと110番が入ったり、ボール遊び禁止、地域の方の反対が強く、自由に走りまわる事すらむずかしい時代、もっともっと中村先生の活動が、しれわたってくれたらと心から願います。
子どもの安全を考えていかなくてはいけないのだと思いました。
・公園づくりの大切さ、緑があるだけではだめ、「安全」がなくてはダメ。自分たちが活動する上でどう考えてやるか、勉強になった。子供たちに要求を出すのは簡単。そこから、他の人の意見を聞き、意見交換が子供の成長に大事。そういう時は「具体的な場所」で考えさせる、本当にそうだと思いました。活動に役立てたいと思いました。
・子供を犯罪から守るのは、親だけでなく、地域の人達の協力が必要だと改めて感じました。
・みなさん大変慣れた感じでびっくりしました。参考にしていきたいと思いました。中村先生のおほめのコトバ、大変うれしかったです。来年につなげていきたいと思いました。
・子供の安心安全を守る為にも、いい勉強になりました。なかなか考える機会がないのでいい報告会だと思います。
・犯罪だけではなく、交通安全も「子どもを守る活動」に必要なのでは?と感じていたので、良いお話を伺う事ができました。自分達の活動にも取り入れていきたいです。他にも、今後の活動のアイディアを沢山いただきました。
・それぞれの問題点や良かった事、これからどうしたらいいのか良く分かりました。

 

前のページへ戻る

エリアからイベントを探す

地図上のエリアをクリックすると選択地域のイベントが表示されます。 地図 水元地域 水元地域 金町新宿地域 柴又高砂地域 奥戸新小岩地域 立石四つ木地域 亀有青戸地域 南綾瀬・お花茶屋・堀切地域